? 肝斑ができる原因って何?|肝斑を消す方法~自分でできる肝斑を治す方法とは?

肝斑ができる原因って何?

ほとんど左右対称に、淡褐色みを帯びた輪郭のぼんやりとしたシミが頬骨、額、口まわりにできるのが肝斑の特徴ですが、いったいどのようなことが原因となって生じるのでしょうか。
現状において、肝斑の主な原因として関係があるといわれているのは、女性ホルモンです。
女性ホルモンが乱れやすい状態にある人に肝斑が引き起こされるケースが多いため、そのように考えられているのです。
それでは、女性ホルモンが崩れることとしてなにがあるのかといいますと、その一つとして妊娠を挙げることができます。
妊娠中はホルモンバランスが乱れやすく、肝斑を引き起こす人の割合が高くなっているのです。
また、主に妊娠を回避したり、月経周期を整えたりするために使用される、経口避妊薬を内服している人にも肝斑があらわれやすくなっています。
経口避妊薬もまた女性ホルモンに作用するものですので、肝斑ができやすくなるのだと考えることができるでしょう。
そして、女性ホルモンが乱れやすい時期というと、更年期を挙げることができます。
このあたりから女性ホルモンの減少が著しくなりますが、ホルモンバランスが崩れることで肝斑ができやすくなっているのです。
そのほか、女性のホルモンバランスを乱れやすくする原因の一つとしては、ストレスが挙げられます。
さらに生活習慣の乱れによっても女性ホルモンのバランスは乱れるのです。
また、肝斑を悪化させる原因というのもあり、物理的刺激を顔に与え過ぎることで、余計に肝斑が目立ってしまうというケースもあります。

ページトップへ