? 肝斑とは?どんな症状?|肝斑を消す方法~自分でできる肝斑を治す方法とは?

肝斑とは?どんな症状?

肝斑(かんぱん)とは、顔のお肌にできるシミの一種であり、色は淡褐色みを帯びているのが特徴です。
このシミは症状がほぼ左右対称にあらわれるというのが見分けるポイントとなっており、形状や大きさまで似ています。
おでこや口のまわりにできることもありますが、最も多いのは頬骨あたりです。
シミの輪郭はぼんやりとしていますが、範囲は広めになるのが特徴といえるでしょう。
お肌の色が濃くなっているようにみえる肝斑もありますが、逆に色が抜けているような見た目をしているものもあります。
また、ほかの種類のシミと一緒にあらわれているケースもあり、肝斑が色の濃いシミの下敷きになっていることも少なくありません。
なお、肝斑がどういう人に引き起こされやすいかといいますと、まず女性であることが挙げられます。
大人の女性の顔にできるのが特徴で、とりわけ30代、40代、50代の女性で肝斑ができる人の割合が高くなっているのです。
なかでも妊娠時にできる人、更年期にできる人、ピルを使用しているときにできる人が多いのが特徴となっています。
しかしながら、閉経を迎える頃の年齢になると、閉経を機に肝斑が目立たなくなったり、すっかりなくなったりすることも珍しくありません。
そのため、50代の半ば以降の女性に関しては、肝斑で悩まされることはほぼないといわれています。
肝斑対策の方法ですが、化粧品の使用のほか、一般用の医薬品や、病院で処方される内服薬など、さまざまな手段があります。

ページトップへ