? 治ったあとも予防で肝斑対策を|肝斑を消す方法~自分でできる肝斑を治す方法とは?

治ったあとも予防で肝斑対策を

肝斑ができてしまった場合、解消する方法としては皮膚科を受診し内服薬・外用薬を使っての治療を続ける方法があります。
病院にいけない人の場合、内服薬として使われているトラネキサム酸が使用されているOTC医薬品、医療機関で外用薬として扱われているハイドロキノンの濃度を抑えた市販品のコスメを使って肝斑対策をすることが可能です。
こうした肝斑対策が功を奏し、薄くなったり解消されたりした場合、それで安心してはいけません。
一度できた肝斑が消えてなくなったとしても、また同じところに出たり、別のところに出る可能性というのは依然としてあるからです。
したがって、今度は予防としての肝斑対策をしていかなくてはいけません。
肝斑のおもな原因である女性ホルモンが乱れてしまうような生活習慣を送らないよう、改善を試みることが大切ですし、ストレスで肝斑ができてしまうことがないよう、趣味に熱中したり、体を動かしたり、リラックスする時間を設けたりといった対策をとるのも効果的です。
また、肝斑は物理的な刺激によっても生じてしまう可能性が高まってしまいますので、日頃のスキンケアとしておこなう洗顔をやり過ぎたり、過度にマッサージをしたりといったことはやめましょう。
それから、肝斑は紫外線が主要な原因ではありませんが、無関係とはいいきれませんし、ほかの種類のシミをつくり出さないためにも、日頃からUV対策は徹底的におこない、日差しが強かった日にはしっかりと保湿ケアをお肌にほどこしてあげることが大切です。

ページトップへ